メニュー »

よくある質問

Q1. 品質管理への取り組みを教えてください。

厳しい自社基準を課すとともに、品質にばらつきが生じないように大工工事は外注に出さずに当社スタッフのみで行うようにしております。

また工程毎の立会い検査を行うことにより品質の向上に努めています。
お客さまにより一層信頼していただける家づくりのために着工からお引き渡しまで全て天海工務店スタッフが全力で対応いたします。

Q2. 竣工後の住宅のアフターメンテナンスを教えてください。

天海工務店では、お客様の安心な暮らしのため、建物の構造に関する部分について、独自のアフターメンテナンスを実施しております。

Q3. 材料は国産材を使った方がいいのでしょうか?

使用する場所にもよりますが構造材は日本の風土に耐えられる材料でなければなりません。国産材なら問題はないですが、日本の気候(高温多湿)に合わない材料を使用してしまうと耐久性は低下してしまいます。

内装材の枠材(窓枠、戸枠)などは、国産材よりも外材(米ヒバ材など)の方が丸太が大きいため反りにくい材料を入手しやすくなっています。ですから全て国産材がいいとは言えませんが、天海工務店では木の性質を読み、適材適所に材料を選び、使用していくことが重要だと思っております。

Q4. 新築で建てた場合家は何年もちますか?

一概に「何年もちます」と言い切ることはできません。

ただ、木を適切に用いて造った家は、少なくとも その家を支えている木の樹齢以上にはもつ、と考えていいでしょう。
天海工務店では木のことを考えた設計、施工、そしてアフターメンテナンスをすることで最大限に木の寿命を延ばすことを可能にしています。

Q5. なぜ「木の家は環境にやさしい」のでしょうか?

地球温暖化の問題を想像すると分かりやすいと思います。森林は二酸化炭素を吸い、酸素という生物に不可欠な環境を作り出してくれます。

木を切ってしまうと環境破壊になると思う人も少なくありませんが、地球温暖化防止に必要なことは積極的に木を切ることなのです。その後、植林して再森林化することにより、地球環境を守る行動につながります。木の家を建てる、その木の寿命の続く限り住み続けるということが、地球温暖化を少しでもくい止める助けになっているのです。

コンクリートや鉄筋工法による住宅ではできないことですね。また、解体した時に有害物質を出さず、最終的に土に還るという点も、木の家が環境にやさしいといえる理由の1つです。

Q6. 家のイメージが全くできませんが、何を決めて相談に行けばいいでしょうか?

初めから具体的なイメージのあるお客様は多くありません。まずは、あんな家でこんなことをしたいなど漠然な想い、夢、または趣味などお聞かせください。ご不明な点やご相談は、どんな些細なことでも遠慮なくお伝えください。

お客様のイメージを具体化するためのご提案をさせていただきます。お打ち合わせを重ねて理想の家ができていきますので、お客様にとっての「良い家」について一緒に考えていきましょう。

Q7. 土地がとても狭いのですが対応してもらえますか?

ご安心ください。狭小敷地や変形敷地に、自由設計の利点を活かし快適な住宅を建てることができることこそ、注文住宅の特長です。

Q8. 注文住宅はどれくらい思い通りにつくれるの?

注文住宅は規格型住宅などと比較し制約が少ないので、デザイン、間取りなどお客様のライフスタイルや将来設計を考えて自由に決めることができます。

また、収納のプランや介護向けのプランなど、細かい点も決められることが利点です。お気軽にどのような家に住みたいのか、どのような暮らしが理想か、じっくりお話をお聞かせください。

Q9. 最近、大きな地震があって心配です。地震に強い家をつくりたいのですが。

天海工務店では耐震等級2以上(数百年に一度程度発生する地震力の1.25倍の力に対して倒壊、崩壊しない程度)を標準仕様としております。

また構造材全て乾燥材で土台、柱などオール4寸角(120mm)以上の骨太な仕様にすることで高い耐久性と耐震性を実現しています。

Q10. 小規模リフォームやマンションリノベーションなども頼めるのでしょうか?

はい、もちろんです。リフォーム内容やそれに合わせた予算や施工時期など、まずはお客様のご要望をお聞きし、お客様のお住まいを拝見させていただいた後、それに合わせたリフォームプランのご提案をさせていただきます。

ページの先頭へ

お問い合わせ