メニュー »

最近の記事 »

バックナンバー »

代表ブログ

2009年07月30日

大工は天職

私が18歳の頃、これから生きて行くのに、どんな職業に就けばよいのかと、とても悩みました。
サラリーマン、公務員、技術者、などなど・・・?そんなある日、友人から都賀町の材木屋の社員が急に辞めてしまい、困っているので、ぜひ働いてみないかと言われ、まあ腰掛とのつもりで勤めることにした。主に仕事を教えてくれるのが、女将さん(社長夫人)だった。

細い体で、材木を、ヒョイ ヒョイと担いで「この要領で担ぐのよ」と、いとも簡単に言うが、
なかなか思ったように担げず、肩に材木が食い込み、えらい所に来たもんだと、思った。
やがて材木や建材なども徐々に覚え、お客である大工、工務店に材料の配達や、時には営業
など、そこそこ面白くなってきた。

そんなある日、ある工務店の上棟現場に出くわした。
ピタピタと見事に建ち上がっていく流れを見て感動した。
ミスもなくこれだけ複雑に材木が、組み上がる風景を見た。
「すごいなあ」・・・・しかし、周りを見ても図面はなく、ベニヤ板に墨で、何やら簡単な図が書いてあるだけ、私は、棟梁に聞いた。

「親方、これだけで何で家が建つのか」と、すると、「俺の頭の中に、骨組みや完成予想図が入ってんだよ」と、自慢げに、また誇らしげに言った。
私は、衝撃を受けた。
今まで何やってたんだ、毎日、毎日、指示されたとこへ指示された物を、頭も使わず運ぶだけ、それに引き替えすごいなあ・・・大工さんは・・・

その時「俺の天職は、これだと思った」19歳の春だった。
物造りは、決して好きではなかったが、これが男の仕事だと吹っ切れた。
そして絶対、25歳で一人前になって独立開業すると思った。

どうにか、その親方に、弟子入りが許された、・・・それからというもの、一切ぶれることもなく、早く覚えたい、良い仕事がやりたいの連続だった。
幸い、厳しい親方だった。
ほとんど教えないでやれという、当然できないから「やる気がないなら帰れ」と怒鳴られる。
散々小言を言われて「いいか、1回しか教えねから良く聞いとけ」、てな調子で毎日が真剣だった。

おかげで聞くと怒られるから毎日やったことを記録した、また本が俺の師匠と決めた、夜は親方の反対を押し切って訓練校に通い、25歳の独立が目標だった。
25歳の春
、思わぬ話が飛び込んだ。
お前は独立しないのか? もし出来るならうちの納屋を直してくれねいか。
現場に来ている板金業者の従業員だった。
願ったりかなったり、ぜひ頼むという事で独立した。

天海工務店としてスタートしたがさあどうしよう。困ったことが起きた。

お客さんから、いくらくらい工事費がかかるんだ。見積持ってきてくれよ。
な、なにそれ、み・・見積、見積がわからねえ、今ならネットなどの情報が出回ってるが、30年も前だと、そうは行かない、それから図書館に行って建築雑誌を借りまくったものだ。
また、設計事務所の先生に教えていただいたり、あの手この手で、なるほどと悟った。

大工としての修行はしたが、工務店経営の修行はしてこなかった。
そこで、独立してからが、本当の修行と悟った25歳の春でした。

裸一貫の若造に大した仕事は来ない。
犬小屋、鳥小屋、豚小屋と友人からは、「天海、後、牛小屋を造れば完璧だな」と冗談を言われた。早く人間様の家が来ないかと待ちどうしかった。
しかし下請けをやる気はなかった。

どんな仕事も私の足跡、綺麗な足跡を残したかった。
営業も苦手だった。どうしたら、仕事が来るのかと思った。
お客様は、すべてが私の親の世代、駆け引きや、ハッタリは通用しないと思った。

生意気なことを言うとお説教をもらった。
そこでまた、悟った。
仕事は、宣伝や営業で来るのではないのだと・・・、若いけど、こいつは、まじめに一生懸命 夢と感動を与えてくれた、そして思った以上に良い仕事をしてくれた・・・ありがとう・・・。

やはりこれだと思う。とにかく常にお客様の夢を叶えたい、喜んでもらいたい、幸せになってもらいたい。
そのためにできる限りの努力を惜しまない。
こんな姿勢でこれからもお客様のお役に立っていきたいと思う。

25歳から30年間1日も仕事が切れなかったのも、お客様をはじめスタッフそして家族の援助に
感謝いたします。これからも、よろしくお願いいたします。

55歳 天海正司

2009年07月12日

茨城県の真照寺

私の尊敬する瀧水寺御住職から、見事なほどに、美しいバランスの御堂の写真をいただき「この御堂素晴らしいね!」と言われ、「なるほどバランスがいいですね!」などと、会話がはずみました。
これはぜひ、見てみたいとの思いにかられ、さっそくインターネットで調べて、今日妻と出かけてきました。

ナビを頼りに、どうにか茨城県の高野山真言宗の真照寺に、たどり着き駐車場に車を置き境内に進むと、桧造りの見事なまでの品の良い山門が私たちを出迎えていたかのようなとても、すがすがしい気持ちで本堂の方に進んでいきました。
すると、右手にあの写真で見た位牌堂が目に入り「これだ!」と叫んでしまいました。

境内は、見事に整備されて、きちんと清掃や庭木の手入れも行き届き、高い杉の木や、山もみじ、高野槇、樹齢百年以上の霧島つつじや、古木の台杉など、歴史のある由緒あるお寺だなあと、びっくりしました。
若住職が、掃除の手を止めて、気持ち良く挨拶してくれました。

私が、こちらに来た理由を述べると御住職を呼んでいただき、
突然の訪問に、快く出迎えていただき、本当に、ありがたく思いました。感謝! 感謝!
その後、お茶をご馳走になったり、位牌堂の材質や、
納まりなど丁寧に説明を受けながら、拝見させていただきました。

真照寺御住職、奥様、そして若住職、本当に今日はありがとうございました。
おかげさまで、大変勉強になりました。また、お邪魔いたします。

P1020989.jpg

ページの先頭へ

お問い合わせ